テレビCMの日焼け止めサプリは飲むと太陽に強くなる?

最近テレビCMで太陽に負けないサプリという飲むタイプの日焼け止めサプリメントがよく流れていますね。

このサプリメントをとると太陽に負けなくなるのでしょうか。

日焼けをしにくくなるのでしょうか。日焼けの後白くしたりする効果はあるのでしょうか。日焼け止めサプリのよくある質問と答えを解消していきたいと思います。

テレビCMの日焼け止めサプリとは

テレビCMでやっている日焼け止めサプリは、飲むと内側から紫外線を対策することができるサプリメントです。

これまで紫外線対策は日焼け止めを塗ったり、日傘を使ったりする外側からの紫外線をカットするやり方が多かったですが、飲むことで紫外線など対策できるものなのでしょうか。

日焼け止めサプリの効く仕組み

肌に太陽光線が当たると肌の防御反応で活性酸素が作られます。

これがメラニンをたくさん作らせたりして肌を黒くしたり、活性酸素で肌の最後は傷ついたりコラーゲンなどが壊れて皮膚が陥没してしまいしわができるなど様々な花不快な症状が出てきます。
これは活性酸素が原因です。

日傘サプリメントはそんな活性酸素をコントロールする力があってそれで内側から飲むことでも紫外線をケアすることができるのです。
つまり日傘や日焼け止めとはまったく違った方法で紫外線対策をするという新しい発想なんですね。

日焼け止めサプリの3つの効果

一つ目は紫外線が当たっても肌が負けないために肌を強くするということです。

日焼け止めサプリメントには抗酸化力の強い成分が使われていて日焼けで肌がダメージを受けてしまうのをコントロールすることができます。

実際にこの効果は実験でわかっていてサプリメントを飲んで紫外線当たるとダメージが弱くなるそうです。

紫外線を浴び過ぎた時にアフターケアをする

日焼け止めサプリは毎日飲んで日焼けをする前に飲むというのもいいですが、今日は太陽光に当たり過ぎてしまったなと思った時にいつもの量の2倍飲んでアフターケア的な使い方をすることもできます。

日焼け止めであれば日焼けをした後に慌てて塗ってももう遅いですが、サプリメントであれば内側から浸透していきますので、紫外線を浴びた後のアフターケアとしても十分に間に合います。

それはビタミンCをたくさんとると日焼けに良いということと同じです。保湿と一緒にアフターケア的に使うと良いでしょう。

しみやたるみなどの肌の老化をサポートする

最後の効果がしみやたるみなど肌の老化の原因をサポートする効果です。

シミやたるみは加齢で起きるというわけではなく8割が紫外線に当たりすぎだということが分かっています。

ですので、紫外線を対策をすればかなり肌の老化を防ぐことができるのですが、その予防方法として日焼け止めサプリも有効です。

日焼け止めサプリには抗酸化力が優れた成分が入っていて飲むと内側から浸透して美容対策をすることができます。

日焼け止めサプリを使った方の口コミ

家族がアウトドアが好きで家族ぐるみで山や海に行くことが多いですが、私は白肌が好きなので焼けたくありませんでした。それで日焼け止めちゃんと塗っていくのですが、汗が出たり水がかかったりしてすぐに取れてしまいます。そんな時に日焼け止めサプリを使ったら日焼け止めクリームのようなトラブルはなくなりました。日焼け止めも塗っていますが、内側からも対策しているのでとても安心です。

将来の利用対策に自分の母親はシミがたくさんある人でシミが出来やすい体質は遺伝していると思っていました。それで自分は早くシミを対策したいと思って色々なUVケアを行っています。しかし全身の対策をすることはとても大変です。塗り残したりしてしまいますし、目から入る紫外線などはケアをすることができません。それでも飲む日焼け止めサプリであれば飲んで内側から全身に浸透してくれるので忘れたということがなくとても安心です。

日に焼けるとすぐ赤くなるタイプでそれが嫌で日焼け止めが欠かせませんでしたが、塗ると乾燥してしまうというトラブルに見舞われていました。そんな時に飲む日焼け止めを知って購入して飲んでみたところ赤くなるのが緩和された気がしています。小さくて飲みやすいところも嬉しいです。

日焼け止めサプリはこんな方におすすめ

日焼け止めサプリはどんな方がよく飲んでいるのでしょうか。

ここではよく使われている方を紹介したいと思います。

  • 海やプールビーチリゾートなどに行く方、
  • アウトドアでバーベキューや山へ行く方、
  • 学生で体育や部活動の時間が長い方、
  • 子育て中で子供を外に連れ出す時間が長い方
  • 仕事で外回りや営業、運転などが長い方

海やプールビーチリゾートなどに行く方

海やビーチリゾートはとても紫外線が強く日焼け止めやラッシュガードで万全な対策をしてもうっかり体のどこかが焼けてしまいます。うっかり上げると体がヒリヒリしますし、火傷のようになってしまうこともあります。

そんな方は何日か前から日焼け止めサプリを飲んでそれをカバーしています。

アウトドアでバーベキューや山などに行く方

山は紫外線が強いところでバーベキューなど野外の活動が長いという方であっても日焼けをすることがあります。

アウトドアなどでは日傘などが使えないため日焼け止めか洋服で対応しないといけませんが、それでも焼けてしまうという方が内側からの対策に乗り出しています。

子供の送り迎えや公園での遊びが長い方

公園で子供遊ばせたり送り迎えしたりすると日焼けをする時間が長くなります。美容に気を使っているお母さん達は日焼け止めサプリで内側から対策をしています。

部活や体育が長い方

白肌を目指している女子生徒の場合はどうしても短パンや半袖ならないといけないので日焼け止めクリームが欠かせませんが、それも禁止されていることがあります。それで対策に日焼け止めサプリを飲むこともあります。

仕事で焼けると困る方

仕事で外にいる時間が長いかたや顔が焼けたりしてしまうと困る方、そんな方は男性でも女性でも飲む対策を行っています。

飲んで寝る対策を飲む対策もいいですが、塗る対策は外側からの対策も必要です。
両方したほうが効果が強くなりますので、飲むタイプだけではなく外側からの対策もしっかりと行ってください。
正直これだと紫外線をカットする力弱いですが、その分は日傘やネックウォーマーなどを使って対処すればいいのではないでしょうか。

そして日焼け止めクリームにはノンケミカルのものとケミカルなものがあります。

ノンケミカルのものは紫外線吸収剤入っていなくてお肌に優しいと考えが考えられがちですが、そうだというわけではなく肌が乾燥しやすい界面活性剤が入っているなどのノンケミカルタイプでないクリームとは違ったデメリットもあります。

ですので、選ぶのが大変なところです。
実際にはいくつかの太陽に負けないサプリを購入してみて肌荒れしないものを選んで行くというしかないと思います。

そして日傘や帽子などちゃん都市着用して海やゴルフなど1日日に当たるようなところには極力行かないでするなど行動面での努力も必要になってくるでしょう。

飲む日焼け止めで対策率は飲む日焼け止めという方法があります。
最近では飲む日焼け止めということで紫外線の後に起こる炎症を抑えてくれるというものがあり普通してきています。

太陽に負けないサプリがその魁ともいえるものです。
日本製のサプリも今ではたくさん売られていますので、国産の飲む日焼け止めを使ってみるというのも一つの手ではないでしょうか。

この場合は成分にアレルギーがなければ肌に炎症が起こることはないので弱い日焼け止めを使ってそして飲むタイプの日焼け止めを使えば効果がより高まります。